NBパパママ育児妊活応援

32歳既婚男の日常

第二子出産 息子と2人の時間

こんばんは、今奥さんが第二子の出産のため入院しています。

 

そして、息子3歳と私の2人の生活を送っています。

 

今までお母さんと離れたことがない息子にとって

 

この5日間は本当に試練です。

 

今日は初日ですが

 

思っていた以上に、第二子の赤ちゃんが生まれることを認識していて、妻が入院していることも理解していました。

 

頑張って、

ご飯も食べて

着替えて

お風呂入って

歯磨きして

 

本当に泣きませず

 

頑張ってる

 

 

ふと、入院している妻とLINE電話すると

 

お母さん!元気!

何食べた?など

 

気さくに話したいました。

自分で電話もきって、、、

 

ふぅと思ったら

 

息子の顔を見ると

 

急に寂しくなってしまったのか

 

唇を噛み締めて、静かに

 

ポツリと涙をこぼしていました。

 

抱きしめてあげると

 

我慢していたのか、胸の中で

 

大きな涙を静かに拭っていました。

 

少し気を取り戻しましたが

 

寝る時も、涙を流しながら  

お母さんどこ?いつ帰ってくる?

お母さんと寝たい、、、

 

と、寂しい気持ちをグッと堪えて

 

でも、耐えきれず少し涙を流して

 

眠りました。

 

かわいそうではあるけれど

 

とても大きな成長を感じました。

 

頑張れ、息子よ

お遊戯会 の振り返り2

満3クラスの息子のお遊戯会を見てきました。

 

これがねぇ

 

とても感動した。

 

家では、おかぁさ〜ん!おかぁさーん!と

 

常に甘えん坊の息子くん

 

以前に行った幼稚園のイベントでも、妻の顔を見るなり

 

すぐに泣いてしまい、まったくイベントに参加できていませんでした。

 

 

 

今回はでっかい市民ホールで

 

ステージに上り

 

いないいないばぁの「元気だてんきだ」という歌に合わせて歌を踊る内容でした。

 

 

ちゃんとできるのかなぁととても不安でした。

 

私と奥さんは気合を入れて、ビデオカメラをレンタル(購入しようと思いましたが半導体の影響で品薄で変えず)

 

息子の勇姿を収めようと私も気合を入れて位置取り録画しました。

 

 

結果、、、、、、

 

 

めちゃめちゃ頑張ってたこのステージで臆さずに踊れるなんてすごすぎる

 

感動、感動、感動

 

大人だって緊張するよ

 

 

息子の頑張りを見たら

 

日々の自分の仕事もまだまだ挑戦し続けて成長しなければ行けないと

 

感じさせられました。

 

 

 

息子よ

 

 

サイコーだぜ

 

 

洗濯機にオムツ

先日やってしまいました

 

そう、洗濯機の中にオムツを発見

 

 

ついに

 

 

ついに

 

やってしまった。

 

 

気をつけてはいたよ、常に

 

 

そう常に気をつけてはいたしかし、ふと息子が洗濯かごに入れた

 

そのオムツまで感知はできなかった

 

 

洗濯ものが吸水ポリマーだらけ

 

最悪

 

 

奥さんもめっちゃ起こってる

 

 

そうだよね

 

回したのはオレだから俺が悪いのはわかる

 

 

でもさ

 

 

オレもわざとオムツをいれたわけではないのよ

 

だからさ、そんなに攻めんでよ

 

 

この状況をどうするかを一緒に考えて次起きないようにどうするかを

 

話をしたいけど

 

ブチギレすぎててそんなこと話せない

 

 

 

あーーーーーー、ブラックデイ

奥さんに「迷惑だ」と言わせてしまった話。そして咳が止まらない

こんばんは、最近更新を怠っていました。

 

仕事が忙しく、体調も崩したことでなかなか更新んできていませんでした。。。

 

少しづつ落ち着いて来ましたので

 

徐々に更新していきたいと思います。

 

 

今回は最近の体調不良について

 

10月半ばから、仕事が忙しくなり

 

ずっと気を張り詰めて、日々仕事をこなし

 

なんとか、切り抜けてきました。

12月に入り、少し余裕もできた事により

 

気が抜けたのでしょう、体調をくずしました。

 

まず咳がすごい

 

寒暖差もあったと思いますが、なんだかのどがイガイガすなぁと思うところから

 

徐々に咳がでて、鼻水が出て、痰が出て

 

普段ならすぐによくなりますが、今回はこじらせにこじらせて

 

悲惨な事になりました。

 

とにかく咳が止まらない、咳をしたらまた次の咳が出る

 

そして喉が崩壊して、声が出なくなる

 

はじめは扁桃腺が晴れているのかなと思い市販のハレナース等を飲んで対応していましたが

 

全く良くならない

 

そんなこんなしていたら悲劇が起きました

 

そう、人生初の全身蕁麻疹です。

 

f:id:doglover38:20211229220759j:image

 

びっくりした本当に、おとなになっての蕁麻疹、、、、、以外に恐怖

 

そして、奥さんが妊娠10ヶ月目にあることもあり

 

手足口病や風疹、麻しんではないかという不安

 

病院で薬を注射してもらい、翌日一日仕事を休んで

 

蕁麻疹は引きましたが

 

 

そこでふと思ったのは  あぁ頑張りすぎたな

 

体が悲鳴を上げてたな

 

そしてその頑張りは、今の私の家庭には余計であったなと

 

奥さんが妊娠しているにもかかわらず、体調をくずしてしまい

 

それでも休まず会社に行こうとして

 

奥さんに「迷惑だから、会社を休んでくれ」とまで言わせてしまいました。

 

 

私は何をやっているのだろうと深く反省しました。

 

まだ咳が続いている為、なんとも、、、、ですが

 

妊娠で不安になっている奥さん対して

 

本当に気遣いと寄り添うことができていませんでした。

 

 

とても深く反省です。

 

奥さんに本当に申し訳ない

息子のお遊戯会を見学

こんばんわ、今日は久しぶりに心が穏やかになった日でした

 

今日は息子3歳の幼稚園のお遊戯会があり

有給を頂いて見学してきました。

家にいるときは甘えん坊でずっとお母さんお母さん言っている息子が

幼稚園でどんな顔をしているのかとても気になっていました。

 

馴染めているのかな?

泣いたりしていなかな?

集団の中で生活できているのかな?

舞台に立っていられるのかな?

 

いろんな不安がありました

 

入園当社にあった参観日では妻の顔を見て大号泣していたと聞いていたので

 

今回も泣いちゃうかなぁと不安で心配。

 

 

なんか市民ホールでやるというから、その中の小ホールでやるのかなと

 

思いきや、、、、、、、

f:id:doglover38:20211204163653j:image

 

大ホールではないか!!!

 

こんな大きなホールで大丈夫なのか?

 

もともと満3クラスでは、ステージに立てただけでOKですと先生には言われていたが

 

大人でも緊張するし、大人でもぶっ飛びそうなステージ

 

こっちがドキドキする

 

私はこの日のためにレンタルしたビデオカメラを構えて

妻は一眼レフを構えて

 

こちらもばっちり戦闘態勢

 

そして、、、、、、

 

ついに、はじまった、、、、、、

 

 

なんと

 

 

 

しっかり、立っているそして踊っている!!!

 

 

感激だ、感動だ、こんなに成長しているなんて

 

子供の成長をみて、こんなに心が穏やかになって嬉しい気持ちになるなんて

 

今日はなんていい日なんだ

 

この生活を続けるためにも仕事を頑張っていかなければ

 

すごいぞ息子

 

頑張れオレ

電話にチャレンジ おうち時間の遊びとしてもいいかも

こんにちは、この前久しぶりに実家に帰りました。

 

2,3ヶ月ぶりに孫に会った両親は、息子(3歳)の成長ぶりにびっくりしていました。

 

毎回実家に帰ると、何かしら新しい遊びを見つけて帰って来ます。

 

今回は電話にドハマリしていました。

 

よくよく考えると、今は固定電話を設置しないのが普通で

 

実家にある電話が逆に特別とすら思ってしまいました。

 

当然見慣れない電話をいじりまくる息子

 

離れたところから携帯で電話をかけて、息子が電話に出るそして会話する

 

あまり気づかな買ったけどいつの間にか電話ができるようになっていた

 

驚き!!!!

 

めちゃくちゃニコニコしながら受け答えしています

 

 

はじめは

「もしもし!息子くんですか?」

「何歳ですか?」

「好きな食べ物はなんですか?」

などと会話をしていました。

 

 

これだけでも十分楽しんでいるのですが

 

しばらくしてからは

「もしもし、おばけですよ 僕のこと見えるかな?」

なんて言いながら会話して見たり

仲良くしている、ぬいぐるみに扮して話してみたり

 

目をキラキラさせながら会話していました

 

ちょっと罪悪感もあったけど 本人はたのしんでくれていたから

OKでしょ

 

みなさんもよかったら是非やってみてください

 

こどもの年齢が2〜3歳くらいならドハマりかも

 

 

お家時間の中でも楽しめるし

 

家族が多ければ順番に隠れて電話して楽しめます。

 

 

 

 

誕生日のことを書きたかったけど一年の反省を

わたしは先日誕生日を迎えて33歳になりました。

 

32歳もいろんなことあったぁ

 

息子(3歳)の成長は目まぐるしく、その成長は本当に楽しみ

 

私自身としては、家んぼ購入を検討したり

 

転職を検討してみたりと色々でした。

 

 

今の会社の同僚や先輩は本当に好きではあるけどライフプランを考えたときに会社の仕組みへの不安がいっぱい

 

異動願いはないし、マイホームを買うことについてのサポートがない

 

家買って遠方に転勤させられたらもともこない

 

だいたい、同じく入社したのに 

 

一人は転勤もなく地元で結婚して子ども生まれて家を買って楽しく生活しているのに

 

私はというと、入社してから転勤して群馬に来て、結婚して子どもも生まれたけど

 

家を群馬に買っても、ずっと群馬に入れるわけでもないし

 

お互いに実家は埼玉だしでなかなか家を買えず

 

買うなら通勤2時間と通勤費の持ち出しも加味して埼玉に家を購入する

 

異動願いがないから、大きな声で埼玉に転勤させてほしいとは言えない。。。。

 

そんな中、今度新しく来る上司は、本部長に直々に群馬勤務を懇願して赴任する人

 

自分の幸せはどうやって叶えたらいいんだ、、、、

 

 

俺との違いはなんなんだ

 

このまま黙っていたらずっとこのままなのか

 

なやましい

 

直属にいた上司から次はお前だという言葉ももらいながら

 

仕事を頑張ってきたつもりだが、その上司が転勤になり

 

そのポジションは新しく来る人

 

俺は出世もできず、転勤もできず、家も買えず

 

何をやっっているのだ

 

 

誕生日という 題名で楽しいことを書きたかったけど

 

今年あった不満をつづってしまった

 

まぁこれが32歳の年だったのかな

 

33歳はいろいろと先を見据えられる一年にしよう

 

頑張れ俺